阿部税務会計事務所

一般税務関連

節税対策

会社の経営を有利に、効率よく進めていくには、節税対策が重要となります。
ここでは、法人の節税対策について説明していきます。

■節税対策とは
節税対策とは、法律の範囲内で、納税による税負担を減少させることをいいます。
一般的に、控除制度などの仕組みを最大限に利用することでこれを行います。

■節税対策の仕組み
法人が節税対策をする上で、次の3つの方法が重要となります。
①益金を減らす
益金とは、利益として得た利益金のことをいい、所得の算定を行う際の基礎となります。
所得を減らすことで、法人税について節税を行うことが可能になるため、益金を減らすことが節税対策となります。
②損金を増やす
損金とは、益金と同様に所得の算定の基礎となる数値をいいます。損金を増やすには、未払金や未払費用の見直しを行うほかに、固定資産の見直しなどがあります。
③控除制度を利用する
雇用促進税制や所得拡大促進税制、中小企業投資促進税制などといった特別控除を利用する方法があります。

阿部税務会計事務所では、戸田市、蕨市、川口市、さいたま市、草加市、越谷市を中心に埼玉県南部、東京23区の地域で、税務に関する相談を承っております。
お悩みの際には当事務所までご相談下さい。